男性の方へ

男性の妊孕性温存について

妊孕性温存のために、必要ながん治療を受けなかったり、がん治療の開始が遅れることは避けなければいけません。また、治療方法によっては、治療による妊孕性の低下をそれほど心配しなくてもよいかもしれません。妊孕性温存を希望する場合は、まずがん治療主治医の先生に相談してください。がん治療主治医の先生の許可がないと、妊孕性温存を行うことはできません。

思春期以降から成人の方

がん治療を開始する前にマスターベーションで精子を採取して凍結しておくのが一般的です(精子凍結)。精液内に精子を認めない場合や精液所見が非常に悪い場合は、精巣内精子採取法(TESE)を行うことがあります。マスターベーションができない場合は、直腸マッサージや電気刺激による射精を試みることもありますが一般的ではありません。

思春期前の方

造精能が未熟であったりマスターベーションできない場合は、精巣内精子採取法(TESE)を考慮します。精巣組織凍結法は、確立された治療法ではありません。

妊孕性温存の種類

精子凍結
マスターベーションにより採取した精子を処理し液体窒素内で保存します。がん治療終了後に造精機能が回復しない場合に、凍結精子を用いて妊娠をめざします。ただし、ほとんどの場合、体外受精・胚移植などの生殖補助技術が必要となります。
精巣内精子採取法
陰嚢を切開し、精巣内の精子を採取する方法です。ー通常は局所麻酔で実施可能ですが、時に入院・全身麻酔が必要となります。採取した精子は液体窒素内で保存します。将来がん治療主治医の先生から許可がでた時に妻もしくは女性パートナーの卵子と体外受精/胚移植を行います。この方法は、不妊治療の一つとして現在技術的に確立しています。
精巣組織凍結法
造精機能が発達する前の精巣を手術で摘出し、液体窒素内で凍結保存します。この方法は、現在、研究段階の治療とみなされています。
注)いずれの場合もがん治療前の凍結保存は、将来の妊娠・出産を保証するものではありません。

凍結保存可能な期間

夫やパートナーが妊娠・出産・育児が可能な“生殖年齢”とされ、一般的には男性の場合も50歳前後と考えられますが、凍結施設ごとに違いがありますので、必ず確認してください。