設立のご挨拶

若年のがん患者さんにとって、治療後に不妊になることは、男性であっても女性であっても、がんを克服した後のクオリティー・オブ・ライフに大きな影響を与えます。このたび、がん治療施設と生殖医療施設が連携し、若年がん患者さんががん治療後に不妊になる不安を少しでも和らげるため、がん治療前に妊孕性温存治療(卵子凍結、受精卵凍結、卵巣凍結、精子凍結)を円滑に受けていただけるよう広島がん・生殖医療ネットワーク(Hiroshima Onco-Fertility Network、略してHOFNET)を設立しホームページを立ち上げることにしました。

妊孕性温存治療はすべてのがん患者さんに対して可能なわけではありません。がんの治療が何にも増して優先され、がんの治療に支障をきたさない範囲で、という制限がつきます。がんの主治医の先生から許可が出ている時にのみ、妊孕性温存治療は可能となります。

がん治療の後に妊娠できるかしら、子供を持てるだろうか、と少しでも思われた時は、まずがん治療の主治医の先生に妊孕性温存に関する相談をして下さい。がん治療の主治医の先生や治療を受けている施設の医療スタッフの方から話しを聞き、妊孕性温存治療に関心を持たれた時は、がん治療の主治医の先生を通じてご自分に一番適していると思われる凍結施設に紹介してもらって下さい。このホームページを通じてひとりでも多くの若年がん患者さんと多くの職種の医療提供者(医師/看護師/がん相談員/胚培養士/薬剤師/心理士などなど)が結びつき、若年がん患者さんががん治療の後に妊娠・出産・育児が可能となれば、これに勝る喜びはありません。

平成29年3月1日

代表世話人 県立広島病院 生殖医療科 主任部長 原 鐵晃

代表幹事 広島大学病院 血液内科 診療科長/教授 一戸 辰夫

事務局 県立広島病院 生殖医療科 植田 彩